スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
都立大学駅で足踏み 〜路線バスだけで通勤してみた(6)〜
JUGEMテーマ:地域/ローカル

次なる目的地・東急東横線の都立大学駅に到着しました。

私は日ごろ中央線を左や右にウロチョロしているだけなので、
東急東横線にはまったくご縁がありません。都立大学駅に降り立つ
のも今日が初めてです。
そんなわけで、東横線といえば「お金持ちがたくさん住んでいる
ハイソな路線」というイメージしかありません。都立大学駅にも
きっと、薔薇のアーチで飾られた駅前広場に白い天使の噴水が
あって、なんかヤヤコシイ名前のケーキ屋でマダムがティータイム
とか、とにかく「ハイソでオシャレなもの」がひしめき合っている
に違いないと思って駅にたどりついてみると・・・。



なんだ、これは。
高円寺や阿佐ヶ谷の駅前と大して変わらないじゃん!!
写真には映っていませんが、左側にはハイソのシンボル「天使の噴水」
ではなくて、「とうきゅうストア」があります。「とうきゅう」なら
ウチの最寄駅にもあるもん!!

幻想が踏みにじられてしまっても、落ち込んでいる暇はありません。
バスターミナルはどこかしら〜って、どういうわけかバス乗り場らしき
ものが見つかりません。

都立大学駅は駅前にスペースがほとんどないので、どうも
「バスターミナル」は存在しないようなのです。

「整然とした歩道にバスターミナル」という駅前の光景は郊外住宅街
のもので、目黒みたいなほんとの都会の駅前って、案外雑然としてる
ものなのかしら。

ここで初めて駅員さんにバス停の場所を聞きます。
私が次に乗る目黒行きのバス停は、駅からちょっと離れたところに
ありました。

都立大学駅バス停

天気が悪かったせいか、異常に暗い写真になってます。

今まで順調にバスを乗り継いできた路線バス通勤ですが、23区に
突入した途端、バスが来なくなってしまいました。
待ち時間の間に写真撮影。バス停向かいの光景。




拡大してみるとヤヤコシイ名前のケーキ屋ではなくて、
「すき屋」が映っています。



意外と庶民的です都立大学(私の偏見が強すぎるだけだってば)。

なかなかバスが来ません〜。たいくつ〜。

#前回に続いて中身が薄い記事なので、お勧め本の紹介。
金井美恵子さんの「柔らかい土を踏んで、」が文庫本に
なりました。・・・最近の金井美恵子さんの文庫本って、
解説の変わりに著者インタビューが掲載されることが多く
て、それはそれで面白いからいいのだけれども、どうして
なんだろ?

金井 美恵子
河出書房新社
¥ 756
(2009-03-04)
コメント:名作「愛の生活」直系の「芸術的小説」。この路線も封印しないで欲しいです。

路線バスだけで通勤 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search