スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
JUGEMテーマ:地域/ローカル

私はそんなにトイレが近いほうではないのですが、調布駅に着く
直前あたりからトイレに行きたくて仕方なくなってしまったのです。
バスの車内が電車にくらべて寒いのと、振動によって膀胱が
活性化されてしまったのでしょうか(笑)?
なるほど、バス通勤にはこんな落とし穴があったのか!

調布パルコのトイレを借りようと思ったのですが、まだ午前9時なので
パルコがオープンしていません。ああー、トイレトイレ。
パルコのそばに西友があったので、西友に飛び込んで用を足しました。
西友、店のシャッターが半分くらい閉まってたんですが、まだ完全オープン
じゃなかったのでしょうか?従業員さん、ごめんなさい。

さて、膀胱に平和が戻ったところで大事な話。
今回のバス通勤にはあるルールを決めてあります。それは何かというと、

「とにかく午後1時までに五反田に
到着すること」


です。

もともと会社には「午後1時までに出勤します。」と伝えてあります。
やはり、あくまで「通勤」である以上、到着があまり遅くなっては困ります。
午後1時までに五反田に到着できそうにないなと思ったら、
「路線バスだけ通勤」はいさぎよくあきらめて、電車移動に切り替えることに
します。
やっぱり何かしらの制限があったほうがゲームは盛り上がりますよね!

気をひきしめて、調布駅南口にむかいます。

路線バスというのはとにかく待たされる印象があったのですが、
すでに成城学園前行きの小田急バスがロータリーに到着していました。
慌てて乗り込んで、車窓から一枚。



「調布−成城学園前」は今回の路線バス通勤の「ハイライトその1」です。
見てください、このバス停の充実ぶりを!

=======================
調布駅南口
→調布駅入口→品川通り上布田→地蔵前
→調布車庫→調布第二小学校前→国領七丁目
→ジューキ前→慈恵医大第三病院前
→狛江営業所→狛江市立緑野小学校→松原
→和泉本町三丁目→和泉狛江消防署前
→御台橋→覚東→明照院→稲荷前
→若葉町三丁目→神代高校→仙川駅入口
→若葉町→若葉町二丁目→入間町一丁目
→中央電通学園裏→成城八丁目→入間町三丁目
→成城三番→成城二番→成城一番
→成城学園前駅北口

バス停の数:31個
これまでに通過したバス停合計:52個

=======================

バスは典型的な武蔵野のんびり住宅街を疾走します。
ほんと、道が空いててドンドン進みます。

ところで、江國香織という作家を御存知でしょうか?
私は江國香織って特に好きでも嫌いでもないのですが、
「流しのしたの骨」という作品だけは妙に印象に残っています。

どういう話なのかというと、「こと子ちゃん」という19歳の
「すこしフシギ少女」がこれまた「すこしフシギ」な家族と過ごす
日常生活をただただひたすら描写していくという、
ヤマもなければオチもない、ある意味とても「過激な」小説です。

その日常生活の細部の描写がやたらと細かくて、もうそれだけが
この作品の存在意義なんじゃなかろうかという感じなのですが、
こと子ちゃんと家族が自宅から40分ほどバスに乗って、
とある街の素敵なスーパーで「クリスマスにシュウマイを
たくさん作るため」のお買い物をして、帰りに「桜子」という甘味屋で
「蜜白玉」を食べるというエピソードが出てきます。

この「桜子」という店、成城学園前に実在します。
「蜜白玉」も看板メニューです。素敵なスーパーは多分「成城石井」
でしょう。

そうです!私はこと子ちゃんと家族が多分乗ったであろうバスに
乗っているのです。

あれは実在するバス路線だったのか!
そして、「流しのしたの骨」の舞台は調布だったのか!
これは思わぬ発見だと思ったのですが、江國香織ファンの間では
すでに有名な話なのでしょうか?

「流しのしたの骨」という作品は、一般的には「ちょっと風変わりな
家族の心温まる物語」として読まれているようです。確かにそうなんですが、
私は初めて読んだときから「こと子ちゃん」という少女とその家族に
どういうわけだか「薄気味の悪さ」を感じてしまいました。

特に「こと子ちゃん」。
この子はボーイフレンドに「そろそろ肉体関係を持ちましょう。」
と自分から迫ってラブホテルに行ったかと思えば、ボーイフレンドの
大学の授業にモグリで出席して、「いつでも食べられるようにね。」とか
言って、キャンディを机の上にばらまくようなことをするんです。

当時こと子ちゃんと同い年だった私は「恐ろしい娘だわ、こと子!!!」と
驚愕しました(笑)。
こと子ちゃんって、ものすごい小悪魔キャラだと思いませんか?
ファンタジックなのか生々しいのか、ちょっと得体のしれない少女ですよね?

江國香織ファンは彼女のそんな現実感覚が好きなのかもしれませんが、
私はちょっと苦手だなと思ってしまいました。江國香織作品の登場人物って、
こういう女性が多いのでしょうか?

#でも、「桜子」の蜜白玉は抹茶蜜の中に白玉がたくさん浮いているデザート
だそうで、「美味しそうだなあ。」と思いました。いつか食べに行くぞ!

そうこうしているうちに成城学園前に到着です。うー、トイレトイレ。
調布から40分くらいしか経っていないのに、またしてもトイレです。

トイレに行きたいけど、根性で写真を撮ります。




ほんとに成城学園前まで来たんですよ。



江國 香織
新潮社
¥ 540
(1999-09)
コメント:興味のある方は読んでみてください。

路線バスだけで通勤 | comments(3) | trackbacks(1)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
成城学園前駅の画像を見てみると、以前訪れた時に比べて大分変化しているようですね。

確認したい所ですが、こっち方面に行く用事が無く、安易に貴重な時間を潰せません。

ああ、時間が欲しい!!
2009/02/27 5:08 AM
>Sats72さん

成城学園前駅はとても小綺麗で、確かに最近になって改修された感じでした。街に出るとシブーイ喫茶店が残っていたりするんですけどね。蜜白玉の「桜子」も老舗オーラ出しまくりでした。
ブラッディマリー
2009/02/27 2:39 PM
めったに行かないエリアに所要ができるかも知れなかったので、調布〜成城学園前のバスがあれば…と調べてみたら、すぐさま、ジャストミートのこのブログがヒットしました。すばらしいです!
いわよし
2012/04/23 2:57 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bloodymary.jugem.jp/trackback/197
いえそばのレビューをご覧いただこう。いえそばといえばタカラトミーからでている家でそばが本格的に作れる大人のおもちゃです。
| いえそばのレビュー | 2009/02/18 10:19 AM |
TRACKBACK BOTTOM
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search