スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
少女の憧れはどこまでも・その2
金井 美恵子
幻戯書房
¥ 1,995
(2008-08)
JUGEMテーマ:読書


(前エントリからの続き)
実際、「ミセス」は文化系連載記事がファッション雑誌の中では充実しているほうだと思います。だって毎号の巻頭には「今月の詩」が掲載されるんですよ。「詩」ってあたりが文化レベル高いです。

ちょっと前まで金井美恵子さんも「昔のミセス」というエッセイを連載されていました。女性誌で連載する作家といえば、林真理子さん・江国香織さんが定番ですが、金井先生を選ぶあたり「ミセス」のある種の少女趣味への傾倒が感じられます。

#「昔のミセス」は単行本になっています。私の下手くそな文章を読むよりも、金井先生の本を読んだほうが、より「ミセス」の世界を実感できると思います。

要は「ミセス」というのは、「いくつになっても文学少女・アート少女なお母さん」であって、「いい年こいて『少女』でもないだろ。」というツッコミもありなのですが、実は筆者は「少女趣味なお母さん」大好きです。というわけですので、「ミセス」に対してはどうしても甘口になってしまいます。

私の母親は「学校は絶対男女共学!」、娘にはバレエよりも剣道を習わせたかったという「お父さんみたいなお母さん」なので、余計に少女趣味なお母さんに憧れちゃうんですよーーー!!

だって少女趣味なお母さんといったらーーー

白いテーブルクロスをかけたテーブル
お母様手づくりのフランス菓子(タルト・オ・シトロンとかそんな感じ)
飲み物はソーサー付きカップで飲む紅茶
(ティーバック不可・カップの柄はきっとヴィクトリア朝風のバラ)
紅茶じゃなくて、ポンパドールのローズヒップティーもいいかも・・・。

母娘の会話はきっとバレエのお稽古の話とか、娘が通ってるカトリック・ミッションスクール(お母様ももちろん卒業生)の名物シスターのお話とかなのよ、きっと!

そーんな優雅なアフタヌーンティータイムを過ごさせてくれそうじゃない!?いいわぁーーー!!荒くなった鼻息で、フランス菓子をフッ飛ばしちゃいそうだわ!!
メイドカフェ、執事カフェにつづいて「少女趣味なお母さん」カフェなんてあったら、案外流行っちゃうんじゃないのっ!?

・・・って、話がだいぶ脱線してきましたので、ここいらで締めさせていただきます。とにかく「ミセス」は「永遠の少女なお母様」と「そんなお母様に憧れちゃう娘」が読む雑誌ということで!!以上!

夢はどんどん膨らむ度:★★★
娘にバレエを習わせてそう度:★★★




女性誌ユニバース | comments(4) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
ママは地元のお嬢様学校へいき、茶道、華道、書道、和装確かみんな看板や看板に近いもの持っていたはず…勿論料理もそれ位できたすんげえまさしくその時代の日本のミセス(だったはず)、なのでこれは詳しく検証する価値があると思い取りあえず、マリーのミセスへの見解との比較をしてみました。

>白いテーブルクロスをかけたテーブル
「どうせ穴が開くのよ」ってホームセンターで300円/m弱で購入したビニールクロス。
穴はガスコンロを使用するときにチャカマンの炎で焦げて空いたもの。
>お母様手づくりのフランス菓子
食うものは買うもの。(本人談)
>飲み物はソーサー付きカップで飲む紅茶
100均で買った犬のコップ(2代目)
>母娘の会話はきっと…
ネコ談義

どうだろうか、ミセスには程とおく、何処か所属できる派でもあったらぜひ教えてくださいよ。人間と言うのは変わるものですね。

…オホン。
少女趣味かどうか分かりませんけど小さいころ自分(母親)の趣味の服着ませんでした?
私はフリフリレースやボレロみたいなのを着たかったのにいつもシャープな襟のポロシャツがメインでした、しくしく。
Q
2008/09/23 1:11 AM
>キューちゃん、と書くと漬物みたいなので、Qさま(と書くとテレビ番組みたい・・・。)

貴重なお話ありがとうございます。
素材はともかく、テーブルに「何とかクロス」がかかっているだけで素晴らしいです。うちのお母さまは「掃除洗濯がめんどうくさいから。」という理由でモノは増やさない主義でございます。ゆえにテーブルは昔から「むきだし」でございます。

母娘の会話がネコ談義・・・。
動物を慈しむのはセレブのあかしでございます。日本最強のセレブ一家・天皇家も動物にメロメロじゃありませんか!

ちなみに我が家のお母さまとの会話のメインテーマは「今日のイロオトコ速報」です。私のお母さまは小栗旬が大好きなのですが、旬ちゃん(我が家ではこう呼ぶ)がブレイクし始めの頃、連日、「お母さまの小栗旬速報」状態でした。

私も子供の頃、かわいい子供服に縁がなかったですねー。基本はズボン・ショートカットでしたね。子供のころからオトコマエ(笑)だったので、かわいらしい少女服が似合わなかったというのもありますが・・・。

それにしても、キューさまもフリフリ少女服に憧れていらしたとは・・・。めっちゃ似合いそうですが・・・。

今度、「夢よもう一度!フリフリ服を着こなす会」でもやりましょうか(爆笑)?
ブラッディーマリー
2008/09/24 4:51 PM

>紅茶じゃなくて、ポンパドールのローズヒップティーもいいかも・・・。

あはは!
今、結構ハマってるんですよ、個人的に。>ポンパドールのローズヒップ、というか、"Hot Love"とか"Fruits Love"と名前のついたハーブティ。
これ、すっごいおいしいの(*^^*)

見かけたら試してみてくださいね。おすすめです!
ぽこまろん
2008/09/29 8:14 PM
>ぽこまろんさん

>"Hot Love"とか"Fruits Love"

あ、たぶん私、両方とも飲んだことあります。たしかローズヒップ・ハイビスカスティーにバニラ風味とサクランボ風味がついていて、美味しいんですよね♪

もともとコーヒー(カフェイン)が苦手なので、ハーブティーをよく飲むほうだと思います。ハーブティーのメーカーって日本国内ではセレッシャルとポンパドールが有名みたいですが、私はポンパドールのほうが好み・・・かな?

私の行動範囲内に最近なぜか「成城石井」がオープンしまくっているので、さっそく買いに行こうかしら・・・。
ブラッディーマリー
2008/09/30 12:44 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bloodymary.jugem.jp/trackback/163
TRACKBACK BOTTOM
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search