スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
JUGEMテーマ:映画


久しぶりに映画館で映画を観てきました。

私は金井美恵子さんの本が好きでよく読むのですが、エッセイによく成瀬巳喜男の映画やアテネフランセに行く話が出てきます。それで、成瀬巳喜男の映画が観たいなーと思いつつ今まで縁がなかったのですが、5月末にアテネフランセで成瀬巳喜男の「夜ごとの夢」を上映すると聞き、初アテネ・初成瀬だと興奮気味で水道橋まで行ってきたのでした。

「夜ごとの夢」は古い映画です。なんとサイレントでした。
サイレント映画ってはじめて観たのですが(はじめてづくしだね!)、意外と早くセリフ画面が消えてしまうので追っかけるのが大変でした。私が読むの遅いだけ・・・?

映画のストーリーを乱暴にまとめてしまうと、美しく強いヒロインと優しいが傷つきやすいその恋人のつかの間の幸せと悲劇というこれぞメロドラマな物語です。ああ、実はアタシ、メロドラマって大好きなの(笑)!

噂には聞いていましたが、成瀬監督が撮る女性は自分と同じ人間とは思えない美しさですね。顔立ちがどうこうというレベルではなくて、風に吹かれて立ってるだけで美しいというか、ヒロインのまわりだけ明らかに「光」が違うんです。ヒロインを演じる栗島すみ子さん自身が発光しているように見えました。

劇中、カフェの女給をしているヒロインが「わたしみたいなスベタ・・・」というセリフがあるのですが、「あなたのように美しいお方がスベタなら、私なんて酢豚・・・。」と心から思いました(笑)。

それにしても、ラストは悲劇なのに、観終わったあとのこの幸福感は何故なんでしょうね・・・?このあたりが成瀬監督の凄さなのかしら??

「アテネは雰囲気が怖い。」という話を聞いたことがあるのですが、実際に行ってみて、「ああ、なるほど。」と思いました。アカデミックで雰囲気のある建物が古くなると独特の迫力がでてきますからね・・・。古い大学病院とかのあの感じ。私はアテネの雰囲気嫌いではないですが・・・。ただ、日仏学院のほうが建物全体が白っぽいのと、庭があるせいで解放感があるかな?エスパス・イマージュのスクリーンも大きいし。

成瀬巳喜男の映画、予想通りはまりました。他の作品も観てみたいです!
映画 | comments(5) | trackbacks(3)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
羨ましいです><
成瀬サイレントは、見たことないです〜!!
いいな、いいなー♪
ぽこまろん
2008/06/17 7:51 PM
>ぽこまろんさん

ぽこまろんさんは成瀬巳喜男お好きでしたよね??
アテネフランセ、古い成瀬作品をちょこちょこと上映してるみたいです。横浜からだとちょっと遠いですけど・・・。アテネフランセ友の会に半ば強制的に入会させられたのですが(笑)、上映スケジュール送ってくれるのかなあ?
ブラッディーマリー
2008/06/18 1:00 PM
好きです〜!
3年くらい前に成瀬生誕○年、とかの時、過呼吸で京橋へ行けずBSの成瀬特集で見たのが多いです。それ以前は、『浮雲』ばっかり何回も見てました。

横浜にも日仏があるけれど、アテネフランセみたいな規模では上映してないだろうなぁ。
ぽこまろん
2008/06/20 1:12 PM
>ぽこまろんさん

ああー、やっぱりー(笑)!!
BSは1人の監督の作品をまとめて放送するというのを時々やってますよね。うちはそもそもBS観れないんですけど・・・(泣)。地上波でも名作映画リバイバル枠を増やして欲しいものです。
ブラッディーマリー
2008/06/20 4:05 PM
はじめまして。成瀬作品のファンのひとりです。栗島すみ子さんは 流れる のイメージでしたが パソコンで この夜ごとの夢をみて 本当の大女優だったことを知りました。 あの田中絹代があこがれた女優だけありました。 美しいのはもちろんですが うまい のです。小さな所作がきれいです。歯並びがまた美しいのでした。 淑女は  も気に入りましたが この作品はおっしゃるように 見終わって 納得するのです。 なぜか。 当時秘密だったという 脚本の池田忠雄の夫人だというのがまたよいです。失礼しました。 酢豚で 爆笑して笑いが止まりません。
morio
2013/01/31 4:49 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bloodymary.jugem.jp/trackback/157
1996年に藤子・F・不二雄先生が亡くなってからも、大人気となっていたドラえもんを、決して終らせることはできませんでした。そして、毎年春にドラえもん映画を上映するために、藤子プロによって毎回舞台を設定して制作され続けました。しかし、そのようにして製作され
| 映画の情報 | 2008/06/18 10:44 PM |
この作品の魅力は、なんといっても見ていて楽しいことだと思います。白鳥の湖やジゼルなどの悲劇的な雰囲気はまったくなく、全編に渡って明るい雰囲気に包まれています。よって個人的にも、この作品は全編通してみていただきたいものです。バレエ教室の発表会で、「白鳥
| 教育の最新情報 | 2008/06/20 3:23 PM |
酢豚のレシピについての情報です。
| 中華料理 レシピ | 2008/07/20 9:59 PM |
TRACKBACK BOTTOM
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search