スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
BookCrossing〜旅立ちの日〜
JUGEMテーマ:読書


(前回の続き)
準備ができたら、いよいよ本を街にリリースするわけなんですが・・・。

駅のベンチや喫茶店などにゲリラ的に本を置いてくるのが、本来の作法のようです。しかし、それだと不審物として処分されそうです。ブッククロッシングは、日本ではまだマイナーな存在みたいですし・・・。

そんな人のために、本をリリースするための「公式クロッシングゾーン」というものが全国各地に存在します。今回は初めてのリリースということもあり、職場からいちばん近いクロッシングゾーンである中目黒のCOWBOOKSに持っていくことにしました。

というわけで、11月20日午後8時頃に、COWBOOKS店内奥のカゴに置いてきました。さよなら、私の文庫本たち。

参考までにリリースした本のBCIDを書いておきます。

「愛の生活」952-6726284
「夢の時間」533-6726290
「暗い旅」 155-6726298

このIDを公式サイトで入力して検索すると、本の旅を追跡していくことができます。・・・誰かしらがもらっていってくれるとは思うけど、その本がまたリリースされて記録が残っていくのって、やはり奇跡的なことなんだろうな〜。

BookCrosserになると、アメリカ本国からメールマガジンが届くようになります。メルマガにはブッククロッシングにまつわるちょっとイイ話が満載なのですが、海外の同志の中には「洞窟の中に本をリリースしてきた人」とかいるらしいですね。誰かに拾わせる気あるのでしょうか・・・(笑)。「本を旅させる遊び」というより、「トンでもないところに本を置いてきて面白がる遊び」になってないか!?

このように、とても楽しいブッククロッシングですが、ネット上では「日本ではアメリカやヨーロッパほど広まらないのでは。」というやや悲観的な意見をチラホラ見かけます。そうかなぁ・・・?

日本にブッククロッシングを定着させるには、「楽しい遊び」としてではなく「リサイクルやボランティアの手段として望ましい」ということを前面に出したほうが、うまくいきそうな気はします。なんとなく。

さて、私の本はどこまで遠くへ行けるかな? Have a nice trip & Good luck!!
ロマン | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
BookCrossing〜国境を越える壮大な遊び〜
JUGEMテーマ:読書


突然ですが、「ブッククロッシング(BookCrossing)」って御存知ですか?
ブッククロッシングというのは、読み終わった本を街の「どこか」に「わざと」置き忘れて、誰かに拾ってもらうことで人から人へ、本に旅をさせてみようという、アメリカ生まれの「世界をまたにかけた壮大な遊び」です。

以前、何かのフリーペーパーで、アメリカのブッククロッシングの話を読み、面白いなとは思っていました。
そのまま忘れていたのですが、ひょんなことからブッククロッシングのことを思い出し、ネットで調べてみたら・・・。

なんと!「ブッククロッシング・ジャパン」の公式サイトがオープンしているではありませんか!知らない間に日本上陸を果たしていたのね・・・。

↓ブッククロッシング・ジャパン公式サイト
http://bookcrossing.jp/

サイトの説明を読んでいるうちに、「物好きゴコロ」をくすぐられてしまったので、私も参加してみることにしました。

ブッククロッシングに参加するには、まず会員登録をする必要があります(登録は無料)。会員のことを"BookCrosser"というらしい〜。

会員登録が済んだら、今度は旅に出す本を登録します。
今回はこの3冊を旅に出すことにしました。

#お気に入りの本ですが、理由あって手元に同じ本が2冊ずつあるため。幸せのおすそわけ。



(左から)
「夢の時間」金井美恵子
「愛の生活」金井美恵子
「暗い旅」 倉橋由美子

本を登録すると、BCIDと呼ばれるブッククロッシング専用のID番号が発行されます(このIDを使って、インターネット上で本の旅を追跡していくことができるというわけ。)。

公式サイトから専用ラベルをダウンロード・印刷してBCIDを記入し、本に貼り付けます。

↓こんな感じです。


これで旅立ちの準備はOK!!
次回はいよいよ、本の旅が始まりますよ〜〜。
(続く)
ロマン | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
ボトルメール搭載しました
JUGEMテーマ:コンピュータ


性懲りもなく、ブログツールをまた追加してみました。

今度は「ボトルメール」です。
「ボトルメール」というのは、その名のとおり、お手紙を瓶に入れて海に流すというアレをコンピュータネットワーク上で行うツールです。

私が書いたボトルメールが、ネットの海を当てもなく漂流するのであります。まあ、ロマンチック。しかし、私のファーストボトルメールの内容は「珍獣生活」・・・。ロマンのかけらもありゃしない(笑)。

#ほんとは「YOU!読んじゃいなヨ!」にしたかった・・・。マウスで文字を書くのってムズカシイ。

もちろん、海辺にプカプカと流れてくるボトルメールを拾うこともできます。
ボトルメール、当初はいつ届くともわからないメールのやりとりそのものを楽しむものだったらしいのですが、最近は一種のブログ宣伝ツールになったらしく、必ずブログがリンクされています。時間のあるときにリンク先を覗いてみるのも楽しいですね。

私は「伝書鳩」にもひそかにロマンを感じているのですが(軍用鳩の話とか読むと、本気で泣きそうになってしまう。)、バーチャル伝書鳩を飛ばしてメールをやり取りする「ボトルメール・伝書鳩」バージョンもできないかな・・・。


ロマン | comments(5) | trackbacks(0)
entry_bottom
燦然と輝くゆるキャラ
私は犬より猫派・・・というより、猫がクレイジーに好きなのですが、ついに我が家にも猫がやってきました。

・・・全身金色に光り輝く猫が



去年の12月に会社のクリスマス会があり、プレゼント交換でもらいました。
見れば見る程いい光りっぷりです。大きいから迫力あるし。しかし、買ってきた人には申し訳ないのですが、なぜ私のところにこれが・・・と思いました(他のプレゼントは割とマトモなものが多かった。)。

来年もユルいものを求めて右往左往する一年になるのだろうな、となんとなく思いました。

この猫、電池入れると、「おいでおいで」するんだよ・・・。
ロマン | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
ふしぎの海のナゴヤ
そういえば、名古屋には「ナディアパーク」というのがある。

私は真っ先に、あの名作アニメ「ふしぎの海のナディア」を思い浮かべた
アニメ好きです(笑)。

さて、名古屋のナディアはアニメのテーマパークではなくて、「デザインのテーマパーク」だそうです。
デザインに関する博物館、デザインに関するショップを集めたショッピングモールなどがあるそうです。ナディッフや青山ブックセンターみたいなお店がたくさんあるのかな?それはお洒落だのう。

それにしても、デザインのテーマパークって、わかったようなわからないような説明だなぁ。でも面白そうだ。行ってみたい。

世の中にはいろんなテーマパークがあるね・・・。
ロマン | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
アメリカンスクールの文化祭に行ってみたい
私の家の近所にアメリカンスクールがあります。

宇多田ヒカルや西田ひかるも通ったということで有名なアメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)です。以前から、ASIJの存在は気になっていて、卒業生でもないのに、ミクシィのコミュニティに参加してしまいました。

私は英語は喋れないし、海外旅行もしたことないけど、
インターナショナルスクールというのは、夢をかきたてられる存在です。
国籍も人種も様々な学生が、みんなで協力し合って学生生活を送る・・・。

いいですねぇ!

少し美化して考え過ぎかもしれませんが、たとえば、政治の世界では対立している国の出身の学生同士が、ここでは親友だったり恋人同士だったりすることもあるのかもしれません。そもそも、「国籍」とか「人種」に対する偏見やコンプレックスがなくなりそうな気がします。

そういうのって、いいなあ。

ASIJの文化祭に遊びに行きたいと思って、いろいろ調べていたのだけれど、基本的に部外者は立ち入り禁止のようです。学生の紹介がないと入れないらしい。うーん、残念。物騒な世の中ですからね。

ASIJのスクールバスには「銀河鉄道」とか面白い名前がついていて、学校の名前はいっさい書いてないのだけれど、これはテロを警戒して、わざと学校名を出さないようにしているためなのだとか。

私のささやかな夢の実現のためにも、世界が平和になってほしいと思う今日この頃です。
ロマン | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
ロックマダムでGO!
ひょんなことから、友達の同人誌に原稿を描く事になった。
学生のときは漫画研究会で漫画を描いていたが、働きだしてからはまともな漫画からは遠ざかっていて、ペンを持つのは実に4年ぶり。

で、なんの原稿を描いたかと言うと、漫画ともイラストとも言いがたい・・・

「コマダム系ファッション誌のパロディ広告」

架空のファッション誌を自分で考え、その雑誌の中吊り広告みたいなのを描いたんです。
巷でブレイク中のコマダム系ファッション誌(某「VE●Y」とか)はひたすらハイソでオシャレな世界を展開している。「青山や自由が丘でママ友とランチにショッピングが定番ですのよ。」という「手抜かりなく隅々までエレガントな人生、わたくしトイレなんていかないんですのよ的世界」をパロディにしたら面白いだろう、高円寺/下北沢を根城にする、リッチでパンクでアナーキーな専業主婦・ロックマダムのためのファッション誌があったら面白いのに、と友達と話していたら、自分でそんなキテレツな雑誌の広告をつくるはめになってしまった・・・。

いやあ、まずは道具がそろってない。原稿用紙とペンとインクはあるけど、トーンとホワイトがないのでいざ買い出しへ(私はアナログ漫画描き)。新宿マイシティの画材屋さん、改装してせまくなっちゃった。吉祥寺ユザワヤ、もうちょっと遅くまで営業してくれ。新宿世界堂、昔は会社のすぐそばだったのに(泣)、駅から遠いなあ・・・。

会社から家に帰って来るのが遅いので、朝早く起きて、会社に行く前に原稿を描く。朝からロックでアナーキーな絵を描き、絵のまわりにあしらう「子供の反骨精神をはぐくむお受験!」とかミョーなコピーをいろいろ考える。

お友達の同人誌に原稿描くというのははじめてなので、
1ページの原稿描くのに、いろいろ大変だったけど、
でも、漫画原稿描くのって楽しいなあ・・・。

同人誌に誘ってくれた友達には感謝だ!ありがとう!!
11月上旬には同人誌が刷り上がるとの事。
もうすぐだ。楽しみ。

ロマン | comments(4) | trackbacks(0)
entry_bottom
ロマンよ静かに眠れ(調布飛行場まつり2)
滑走路を見渡すと・・・

あっ、隅っこのほうにセスナがいる!

滑走路の隅をロープで区切って、その中に普段は格納庫に入っているセスナを展示してあるのですが・・・、四角く区切った中に、セスナを詰め込んだ格好になっているので、奥に展示されているセスナはほとんどわからない。
飛行場祭りなのに、隅に追いやられているセスナたち。

気を取り直して、スタンプラリーなるものに参加。
飛行場中を歩き回り、スタンプを集めて景品交換所へ行くと・・・

景品は「家具のつや出しクロスセット」
飛行場と関係ないじゃん!!!

大笑いしながら、航空パーツのジャンク市へ。
メーターなど色々あるけど、ジャンクパーツは高かった。
あっさり予算オーバーなので、あきらめる。
セスナのエンジンがオススメ品として売られていたが、40万円もする。
誰が何のために買うんだろう?やはり、ロマンを追求・・・?

その後、ジャムコという航空機の客室設備の会社の展示を見て、ボーイングの飛行機のステッカーをもらう。やっと飛行場まつりらしくなってきたぞ。

ふと、空を見上げれば、セスナが飛んでいて、パラシュートが降って来る。
パラシュートには人形がついていて、けっこうユラユラしながら落ちて来る・・・と思ったら、人形じゃない!人間だ!
パラシュートで降りて来る人間って、ものすごく小さく見える。それだけ、空高くから降って来るということなのね。パラシュートで空から降りるのって、どんな気分なんだろう?

いまいち、セスナの影が薄いような気もする飛行場まつりでしたが、1日楽しめました。来年もまた行こうーっと。
来年こそセスナに乗るぞ!!
ロマン | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
調布飛行場まつり
私の家は調布飛行場の近くです。
バスで20分くらい、やる気になれば歩けない事もない距離。

さてさて、空港や飛行場というのは「ロマン」です。
特に、私は海外旅行もしたことないし、そもそも飛行機なんて高校の修学旅行で一度乗っただけなので、飛行機に対する夢と憧れは膨らむいっぽうです。

そんなロマンの殿堂、調布飛行場では1年に1度、「調布飛行場まつり」というものが開催されます。
運がよければ、セスナに乗せてもらえたり、管制塔の中を見せてもらえるのだとか・・・。もちろん、航空グッズの販売もあります。
ああっ、これは是非行かねば!大空のロマンが私を呼んでいる!!

というわけで、10月9日(日)に調布飛行場まつりへ行って参りました。
時々雨がぱらついていましたが、お祭りは開催されているようです。

飛行場に到着したのが午後1時過ぎだったので、「セスナの体験飛行や管制塔の見学は先着受付の抽選だから、今年は諦めるか・・・。」と思いつつ、「でも、セスナのジャンクパーツお土産に買うぞー!」と意気込んで飛行場のゲートをくぐると・・・

滑走路には見渡す限りの焼きそばや綿あめの屋台・・・。
管制塔のそばの特設ステージでは、アンパンマンショーなんてやってるし・・・。

あれっ、セスナはどこっ!?

(続く)
ロマン | comments(2) | trackbacks(1)
entry_bottom
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search