スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
思わず使ってみたくなる素晴らしい名前のOS
JUGEMテーマ:コンピュータ


さきほどの記事で「ハッカー流ジョーク」という言葉がでてきましたが、アメリカにアメリカン・ジョークがあるように(?)、確かに一部のハッカー達の間にも独特の「笑い」のセンスがあるかもしれません。

Plan9のお仲間でinfernoというOSがあります。私は使ったことがありませんが、以前私の上司だった人がPlan9&infernoマスターでした。

OSの名前がインフェルノです。なにやらカッコイイですが、日本語に訳すと「地獄OS」です。

そんな「地獄OS」でアプリケーション開発をするには、limboという言語を使います。リンボです。「地獄の辺土」です。

「地獄でシステム開発」って、システム開発の現場を知ってる人間からすると、まったくジョークになってないような気がするんですが。

infernoは英国vita nuova社が提供しているOSです。もうお気づきかと思いますが、infernoの名前の元ネタはダンテの「神曲」です(vita nuova=「新生」ダンテの処女作)。vita nuova社のサイトにもそう書いてありました。

さらに、infernoで使用されている通信プロトコルはstyxというらしいのですが、styxとは「三途の川」という意味です。

さらにさらに、infernoの仮想マシンの名前はDis、つまり「冥府の神」というのだそうです・・・。なんだか気が滅入ってきました(笑)。

要するに、イギリスだろうが日本だろうが、システムエンジニアは「地獄」の労働を強いられており、「冥府の神」のような上司にしごかれるながら、魂は今にも「三途の川」を渡ってしまいそうな状況にあると訴えたいのかもしれません。きっとそうなのよ!!

ダンテの神曲といえばベアトリーチェですが、永遠の美女は登場する気配がありません(笑)。神曲には天国編もあったはずですが、なんでよりによって「地獄」を選んじゃったんでしょーか。どうせなら「天国OS」のほうが・・・。いや、「天国でシステム開発」・・・。それもまた縁起でもないネーミングのような気がする・・・。

このようにハッカー流ジョークとは、インテリ風にみせかけて、かなり自虐的で黒いジョークのようです。

Inferno公式サイト
超現実の街角 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
海の向こうでゆるキャラが見つかる 〜GLENDA from Plan9〜
JUGEMテーマ:コンピュータ


ひとりゆるキャラ祭りも3回目。今回はついに海外進出です(笑)。本日ご紹介するのはアメリカ生まれのゆるキャラ・グレンダちゃんです。

グレンダちゃんはPlan9というアメリカのベル研究所で開発されたコンピュータOSのマスコットのウサギです。

グレンダちゃん(Plan9公式サイト無料素材より)



宇宙服のグレンダちゃん



グレンダちゃん、ウサギとしておかしい部分は何もありません。しかし、どういうわけだか「アナタ、ウサギとして何か間違ってるでしょ。」と突っ込まずにはいられません(笑)。私だけでしょうか。

アメリカン・キャラクターといえば、明るく脳天気なイメージがあるのですが(ゴス系キャラでもカラッとしたイメージがある)、グレンダちゃん、なんか「湿ったオーラ」を発散してないですか?この湿り気、とてもアメリカ生まれとは思えません。

同じOSのマスコットでも、FreeBSDの「デーモン君」はとってもアメリカン。

FreeBSDのデーモン君

今気づいたのですが、デーモン君ってド派手なコンバース履いてるんですね。アメリカのヤングといえば、ド派手なコンバースです。さすがはデーモン君、わかっていらっしゃる。

ちなみにグレンダちゃんのPlan9というのは、エド・ウッドの映画「Plan9 from Outer Space」に由来しています。「Plan9 from Bell Labs」というコピーも映画のタイトルをもじったものらしいです。グレンダという名前も映画「グレンとグレンダ」に由来する
そうですし、ベル研にエド・ウッドが大好きな人がいたのでしょうね〜。
Wikipediaでは「ハッカー流ジョーク」と紹介されていました。

Plan9の公式サイトから無料ダウンロードできるグレンダちゃんの画像は(商売にしない限りは)自由に利用できるそうです。「ぜひTシャツやグッズを作ってください。」と書いてありました。グレンダちゃんTシャツ・・・。

ベル研究所のPlan9公式サイト
超現実の街角 | comments(4) | trackbacks(2)
entry_bottom
世界が恋する「ゆるキャラ」の国〜ひとりで勝手にゆるキャラ選手権(2)〜
JUGEMテーマ:コンピュータ


(前エントリの続き)

そしてトドメの一発。
インターネットブラウザ "FireFox" の「フォクすけ」。

公式サイトで配布中のバナーを貼っておきます。
この子が「フォクすけ」。キツネのほうですよ。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

キツネというより、柴犬のようにも見えますが・・・。

私は学生時代からNetscapeを使っており、そのままFireFoxに移行したのですが、こんなキャラクターがいるとは知りませんでした。しかも、「フォクすけ」は日本発のキャラクターだそうです。「ええっ、FireFoxってアメリカで開発されたブラウザじゃなかったっけ。」と思わずFireFoxとMozilla Foundationの歴史を確認してしまいました。「フォクすけ」、ユーザー教育に確実に役立っています(笑)。

「フォクすけ」には公式サイトがあるのですが、そこでは「日本発のキャラクター」ということが強調されています。FireFoxを「フォクすけ仕様」にカスタマイズすることもできるらしい。ああ、侘び寂び萌えの国ニッポン。世界が恋する(かもしれない)「表徴の帝国」ジャポン・・・。

そういえば。
コンピュータ関係で、かなり強烈な「ゆるキャラ」がいたことを今思い出しました。
なんと、アメリカにも「日本的ゆるさ」を備えた「ゆるキャラ」がいたのです!

というわけで、第3弾に続く!!
超現実の街角 | comments(12) | trackbacks(0)
entry_bottom
ひとりで勝手にゆるキャラ選手権(1)


みなさん、「ゆるキャラ」って好きですか?
私は大好きです!

今日は最近イチオシ(笑)の「ゆるキャラ」をご紹介したいと思います。

まずはこちら。
お誕生日プレゼントにもらった、マイリトルポニーの「トリプルトリーツちゃん」です。



私自身はマイリトルポニーを「ゆるキャラ」と呼ぶことに抵抗があります・・・。「ゆるい」どころか「かなりカワイイ」と思っています。私のお友達は「人面馬」とか「カツラ馬」とかいうけれど(笑)。ダイソーでつけまつげを見かけるたびに、買って帰ってうちのカワイコちゃん達につけたくなるのですが、失敗したら取り返しのつかないことになりそうなので実行できません。

続きましては正真正銘のゆるキャラ、巣鴨地蔵通り商店街の「すがもん」です。



何かを悟ったような表情が魅力のゆるキャラです。



「おばあちゃんの原宿」をしょって立つキャラクターだけに「ちょい枯れ」ですね。

次は私が今いちばん好きなゆるキャラ「なみすけ」。
左側のブログパーツでユラユラしている子です。

JR荻窪駅の近くに「あんさんぶる荻窪」という施設があるのですが、そこの窓に人面のチョココロネが2匹描かれています。何かと思って調べてみたら、なんと杉並区のマスコットキャラ「なみすけ&ナミー」だったのでした。

なみすけはなんと、自分のブログも持っています(ブログパーツからリンクしています)。杉並区役所にはなみすけを管理する「アニメ係」という部署まであり、グッズも売っているそうです。ゆるいルックスとは裏腹になかなか商売上手ななみすけ君です。
(続く)
超現実の街角 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
不思議の世界〜幼児失踪!?・その2〜
JUGEMテーマ:日記・一般


さて、先ほどのヨチヨチ幼児の振る舞いについて不思議に思った点をいくつか

,覆嫉笋髻崋分の母親」だと勘違いしたのか?

最初にして最大の疑問はコレです。

私はヒョロ長いまな板みたいな体型ですが、ヨチヨチ幼児のお母さんは「トランジスタグラマー」です。顔も似ていませんし、髪型・髪の色も違います(私は黒髪をひっつめていたが、お母さんは栗色でウェーブのかかったロングヘア)。私は眼鏡をかけていませんが、幼児のお母さんは眼鏡をかけて帽子をかぶっていました。

とにかく、見た目では間違えようがないくらい二人は正反対のタイプなのです。にもかかわらず、ヨチヨチ幼児はあきらかに「私」を「バスロータリーの見える窓」に連れて行こうとしたのです。

「幼児は自分の母親を視覚で認識しているのではないのだ!『母親オーラ』で認識するのだ!」というなら、私ではなくて「現役の母親」である私の母親のところに行くのではないでしょうか・・・。

△△錣簍鳥失踪事件に・・・。

もう一つの不思議は、ヨチヨチ幼児が「自分の行動に疑問をもっていない。」という点です。本物の母親が来たときの彼のびっくりしたような表情からして、「見知らぬお姉さんだが、気に入ったのでバスロータリーを見せてあげることにした。」というわけではなく、「自分の母親だと思っていた。」ように思えるのです。

私が「迷子だ、どうしよう・・・。」とオロオロせずに、ヨチヨチ幼児にそのままついていったら、バスロータリー鑑賞から始まって、彼の「長崎屋お買い物コース」をたどっていくことになったのでしょうか?もし私が悪意のある人間だったら、幼児誘拐事件一歩手前ですが、幼児のほうが私を誘っているのですから、傍目には親子のように見えて誰にも怪しまれないでしょう。

母親にしてみれば、ちょっと目を離したすきに子供がいなくなってしまったら(まさか自分の子供が見知らぬ女とバスロータリー鑑賞をしているとは思わないでしょう・・・。)、びっくりしますよね?
誘拐でもされたか、幼児失踪事件?と思うかもしれませんよね?

それにしても、不思議な出来事ではありました。小さな子供がなんの疑問ももたずに見知らぬ人間に気を許してしまうこともあるんですね。

あらためて、幼児とお母さんの関係って不思議だなあ。なにをもってして、「わが母」を確認しているのか・・・。





超現実の街角 | comments(3) | trackbacks(0)
entry_bottom
不思議の世界〜幼児失踪!?・その1〜
JUGEMテーマ:日記・一般


理由はわかりませんが、私は子供(というか乳幼児)に好かれます。
見知らぬ幼児が私の顔を見てニコニコなんてのは序の口で、電車で隣に座っていた赤ちゃんに飛び移られそうになったこともあります(笑)。バイト先でもよくお客さんの連れてきた幼児になつかれていました。

スーパーで見知らぬ幼児に「お母さん」に間違えられたということもあります。私のスカートの裾を掴んでくる幼児がいるので、「オヤ?」と思って顔を見たら、「あ、お母さんじゃなかった。」とヨチヨチ歩きのその幼児は去っていきました。そのときは「あんなに小さくても、自分のお母さんはちゃんとわかるんだね〜。」と感心していたのですが・・・。

そんな常識をくつがえすような出来事がっ!

その日、私は母親と長崎屋の2Fでお買い物をしていました。
すると、例のごとくヨチヨチ歩きの幼児(男の子)がヨチヨチ歩いてきて、私に向かって「オイデオイデ」するのです。2歳くらいに見えましたが、どうも言葉はまだあまり話せないようです。

ヨチヨチ幼児はご機嫌で、どうも私をどこかへ案内したいようなのです。しかし、保護者は近くに見当たりません。「もしや、この子は迷子になったのでは・・・。」と母親と二人でどうしたものかとオロオロしてしまいました。ヨチヨチ幼児はいっこうに気にしない様子で「どうしてついてこないのだ。」というような顔をしています。

すると、向こうのほうから「おねえさんに迷惑かけちゃだめよ〜。」と言いながら、お母さんらしき人が走ってきました。

不思議なことに、ヨチヨチ幼児、お母さんの顔を見るや「アレッ!?」という顔をするのです。幼児はどうも、私のことを「お母さん」だと信じていたようなのです。

ヨチヨチ幼児のお母さんによると、「いつも長崎屋に買い物に来るのだが、2Fに駅前バスロータリーが一望できる大きな窓がある。息子は乗り物が好きなので、毎日その窓からバスを眺めるのを楽しみにしている。息子はあなたとバスロータリーを眺めたかったのではないか?」ということでした。

本物のお母さんが来たので、幼児はお母さんのそばに行ってしまったのですが、事情が飲み込めると、「お母さんではなかったが、お友達として」彼の特等席である「バスロータリー鑑賞窓」まで私を連れて行き、幼児と私は夕暮れの駅前バスロータリーに集まるバスを鑑賞したのでした。

なにやら「ちょっとイイ話風」ですが、後から考えるとヨチヨチ幼児の振る舞いについて、いくつか不思議な部分があります。その不思議な部分とは・・・(次エントリに続く)。



超現実の街角 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
新宿のある場所が麗しいことになっている
JUGEMテーマ:地域/ローカル


前回と前前回のエントリで取り上げた「懐古趣味的乙女カルチャー」というのは私が思っているよりも人気があって、一般に浸透しているのかもしれません。

最近、雑貨ショップやインテリアショップでこんなシャンデリアをよく見かけませんか?↓


シャンデリアといえば「ベルサイユ宮殿」みたいなお城で「舞踏会」のイメージなのですが、最近のシャンデリアはもっと可愛らしくて「レトロ上品乙女カルチャー」を愛好する女子がいかにも好みそうですよね。↓


この2つのシャンデリア、どこにあったと思いますか?
新宿ルミネのインテリアショップ・・・ではなくて、



↑2階の女子トイレだったのでしたーーー!
両脇に並んでいる茶色の扉は、トイレの個室の扉なんですのよ。

というわけで、新宿ルミネ2のトイレが「乙女」になっています。
便器がなければ、トイレだと気づかないくらいのカワイラシさ!
・・・って、便器がないトイレはそもそもトイレじゃありませんけどね。

おトイレが、(日本人が夢見る)おフランスはパリのアパルトマンに住む乙女パリジェンヌのお部屋のようになっているんでございます。アメリのお部屋をパステルカラーでシュガーコーティングした感じとでもいいましょうか・・・(写真には映っていませんが、パリをイメージしたコラージュ作品の額も飾ってありました)。

この写真の奥に映っている飾りだなですが、

キャス・キッドソンの写真集とか
マトリョーシカとか
デジカメじゃないカメラとか
籐のバスケットにつめたお裁縫道具とか

わかる人にはわかる、現代乙女カルチャーのアイコンがわんさと陳列されているのであります!!
正直、わたしの部屋よりキレイです、乙女度高いです(爆笑)。

それにしても問題なのは、ルミネはなぜ、ここまで気合を入れてトイレを「乙女仕様」にしたのかということです。

不特定多数の人が利用するトイレは無法地帯(時には犯罪の現場にもなったり)になりがちですが、トイレを大切に使ってもらうための作戦なのでしょうか?乙女トイレ作戦で、トイレ内の事件事故発生率が減ったとしたらスゴイですよね??

男子トイレの状態も気になってしかたないですが、さすがに私は入れません。
どなたか特派員として報告してください!お願いいたします。
超現実の街角 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
小児歌謡最狂伝説パート1


お友達がブログに名曲「おっぱいがいっぱい」のことを書いていたので、思わずトラックバックしてしまいました(笑)。

「おっぱいがいっぱーい、おっぱいがいっぱーい♪」という哀愁を帯びたサビをリフレインするスンバラシイ歌が私が小さかった頃、テレビの幼児番組で流れていたんです。あらためて調べてみると、この歌って、手の届く場所にありながら、今は遠い存在になってしまった母親のおっぱいに対する少年の気持ちを哀切に歌いあげた切なさ満点の一曲だったんですね!最近のマスメディアはおっぱいがいっぱいどころか、いろんなものがいっぱいだけど、「おっぱいがいっぱい、うれしいな。おっぱいきれいだな・・・さわりたい・・・。」主人公の「ぼく」よ、おまえはなんて己の欲望に正直な奴なんだ(笑)。

これ、アニメーションで確か、おっぱいが大量に舞うんですよね。女体から切り離されたおっぱい(そういえば、おっぱい饅頭ってありますよね。)が宙を舞う・・・子供心に衝撃でした。ほのぼのと猟奇。

この無垢でいてアバンギャルドなセンスは天下のNHKが誇る「みんなのうた」作品かと思っていたのですが,実はポンキッキだったらしいです。ポンキッキやるな。
超現実の街角 | comments(4) | trackbacks(0)
entry_bottom
夜の羽
さて、これはなんでしょう?



駅前商店街を夜歩いていて、偶然でくわしました。
写真映りがあまりよくないですが、写真右上の部分にアーケード街を照らすためのライトと、ブラインド状の板があります。ライトの光が板をとおって、建物の壁にこんな影を描いたようです。何かの羽みたいにも見えますね。

こんなものが見られるなんて、残業するのも悪くないなあ!!
超現実の街角 | comments(8) | trackbacks(0)
entry_bottom
レーザー砲台・続き
こんなのが4〜5個、マンションの屋上にのって、ぐるぐる回転するというのは、つくづく不思議な光景。近くで見てみたい。

最近建設されたマンションにはこのレーザー砲台はついていないようなので、一時期の流行だったのでしょうか?



超現実の街角 | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 成瀬巳喜男「夜ごとの夢」
    morio (01/31)
  • 路線バスだけで通勤してみた(3)〜調布から成城学園前へ(前編)〜
    いわよし (04/23)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    みっくみく (08/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ちい (05/28)
  • 孔雀を抱く女
    ぽこぺん星人 (02/26)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    リンデル (01/15)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    桃医 (01/09)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ソルバルウ (01/02)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    ポリエモン (12/19)
  • ヘソ出しの形而上学(前編)〜現代美術家・大塚聡序論(3)〜
    機関棒 (11/27)
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
わらび
なみすけ from 杉並区
ボトルメールの海
©PETAPPA
現在の閲覧者数
総アクセス数
search